気持ちのブログ

好きなものに関する感想を書くブログです

【平ジェネネタバレ】火野さんの摑むもの

平ジェネ観てきました。

※平ジェネのオーズパートのネタバレをしています。テレビ放映のオーズ本編のネタバレもガンガンしています。ご注意ください。

オーズパートを観てメチャクチャ感動したため、感想を書きます。台詞等はメモしたわけではないため細部違っているとは思いますがご了承ください。

オーズ本編について

とある理由からオーズを今年の頭ごろ急に見始め、一気に見て信じられないほどハマりました。ちなみにライダーは昭和平成合わせて何作品か見たことある程度です。

なんでハマったのかというと、ヤミーやグリードなど敵のデザインがシックでカッコイイ、話が面白い、など色々理由はありますが、何より火野さんの「尋常じゃなさ」がメチャクチャ胸にきてしまったのが大きいです。

ニコニコしてる割にたまに自分の過去や夢のことを聞かれると目に光がなくなる火野さん、ボロボロになってもニコニコしてる火野さん、ニコニコしてる割にたまに狡猾さを見せる火野さん……。

常にニコニコして、困ってる人にアドバイスを行い、ライダーとして人を救っているのに、なんか怖い!自我がメチャクチャ強いのに自分のことはどうでもいいのか自己犠牲を自己犠牲とも思わず死にそうになっても悲しい素振りも見せない火野さん、怖すぎる……。

人助けには敏感なのに、最初から自分のことを守ったり人の手を借りるというような普通のことが一切出来なかった火野さん。自分のことを人に話すことも出来なかった火野さん。

途中で比奈ちゃんが「映司くんは神様じゃない」「映司くんのことは誰が助けてやれるの」と言っていたけど、私もそれを見ながら「本当だよ!!誰か頼むよ!!」と膝を叩いていました。

そんな火野さんのことが心配で心配で最終話まで一気に見ました。

f:id:hoshi_bubble:20171210213652j:image

最終話でやっと「(文字通り)困ったら人の手を借りる」ということを経験できたというか理解をすることが出来た火野さんでしたが、私が見ていてひとつだけ本当に可哀想だなぁと思ったことがありました。それが、最終的にアンクの手を掴んであげられなかったことでした。

火野さんは昔、目の前の少女を助けられなかったことがきっかけで心を閉ざしてしまっていましたが、最終話でも結局相棒のアンクの手は掴んであげられなかったんですよね。アンクは「お前が掴む腕ははもう俺じゃないってことだ」と言っていましたし、火野さんも前みたいに強情じゃないけど、それでも火野さんは絶対に掴みたかったと思うし、絶対に後悔してるだろうな〜。だからこそずっとアンクにもう一度アイスを食わせてやるために頑張ってるんだと思います。

 

 

 

 

−−−−−−ここから平ジェネネタバレ−−−−−−

 

 

 

 

 

 

やっと掴めたアンクの腕

そこで、平ジェネなんですよ!まぁ一瞬でも見ればすぐ分かる、メチャクチャ分かりやすい最終話の空のシーンとの対比だったと思います。あのシーンで火野さんが言っていた「例え偽物のアンクでもいい」的な台詞からしても……これは穿った見方すぎるかもしれませんが、とにかく火野さんは「自分のためにもアンクの腕を掴みたかった」んじゃないかなぁ……と思いました。勿論火野さんは手の届く範囲の人は全員助けるだろうからそういった意味もあるとは思いますが。

あのとき掴みたかったアンクの腕、やっと摑めたんだなぁとメチャクチャ感慨深かったです。いや、本当に良かった!火野さんはこれで少しは救われたかなぁ……。あのときの掴めなくて消えてしまったあの腕ではないけど……。

アンクの不完全な復活

そして、アンクは復活を遂げますが、あれって完全復活ではないですよね。アンクにとってはグリードとしての復活が完全復活なのか(これはアイスが美味しく食べれないから違うと思う)、それともまた人を乗っ取るのが完全復活なのか(これも違うか……)、人として誕生するのが完全復活なのか……みたいなのは分からないですけど、火野さんにコアメダルを三枚渡しただけで消えてしまうような状態では完全復活ではないと思いました。

それに、戦いが終わったあとの最後のシーンで火野さんがアンクにアイスをあげるシーンがありましたが、最初遠景のシーンでは火野さん一人でしたよね……。アイスをさぁあげるぞという段階でメダルから出てきたような感じで……。やはり復活のきっかけでもあった他のコアメダルとの共鳴みたいなものがなくなったからでしょうか。

最後のシーンのアンク

あのシーンのアンク、火野さんにしか見えていなかったんじゃ……。そのくらいの儚い感じに見えました。あのシーンを見てて、お盆やお彼岸のときに仏壇やお墓に故人の生前好きだったものを備えているみたいだなぁ……と思ったりもしました。お饅頭とかを袋から開けてあげて、匂いだけでも……みたいなアレです。考え過ぎというか思考が飛びすぎだとは思いますが、アイスをガッツリ食べずにペロッと舐めただけだったからそう見えたのかもしれないです。これは全て私の想像ですけど、アンクが消えたあとも世界を旅する中で火野さんってああやってアンクにアイスあげてたんじゃないかなぁ。

f:id:hoshi_bubble:20171211013017p:image

ここ、本当に良かったなぁ……他のレジェンドライダーとの明暗の対比もありましたし。個人的には直前の弦太朗との対比が凄いなぁと思いました。沢山の生徒や仲間(弦太朗的にはダチか?)に囲まれて青空の下笑顔の弦太朗と、一人廃墟のようなところに逆光で佇む悟ったような表情の火野さん……。それであのBGM……。

続編として

私はあまり続編というものが好きではなく、綺麗に終わったものは綺麗に終わって欲しいと思うタイプなので、どんなにいい続編でもつい「蛇足じゃないか?!」と思ってしまいます。

ただ、今回はそうは思わなかったですね。火野さんに最後に残された後悔と罪悪感少しでも軽くしてあげて、今後の人生を前向きに生きていけるなら良かったなぁと思います。なんていうか私も安心してまたオーズ本編が見返せるなぁ、と思ったり……。

アンクも、やっぱり寂しいじゃないですか……良かったなぁ本当に……。アイス、また食べられるようになるといいなぁ。

MEGAMAXで「アンクは未来で復活を遂げる」ということは暗に示されていますし(多分……)、きっと復活はすると思います。火野さんはおじいちゃんになってるかもしれないけど、またちゃんとした形で会えるといいなと思います。

……くらいの想像の余地を残してくれて本当に今回の平ジェネ、素晴らしかった!完全復活して火野さんとアンクが肩組んで夕日に向かってアイス食ってたらどうしようとかちょっと心配していたところもあるので……(それはそれで見てみたいですが)。

今回でやりきった感が感じられたので次はない気もしますが、今後もし続編があるとしても、きっと大丈夫という感じがすごくしました。

変身シーン最高!

急に話は変わりますが、変身シーン、すげえかっこよかった!あの「変身!」までのタメというか、あの緊張感!気合!いや〜もうアレを見るためだけでももう何回か観に行きたい。Blu-rayが出たら狂ったように再生してしまいそうです。それこそ最終話の変身シーンレベルの気合の入り方、最高!!

見た瞬間仮面ライダーになりたい!!と思いました。そんなタイミングで、映画観たよね?というタイミングで出るプレバンのオーズのベルト……もしかして私も仮面ライダーになれるのか?!か、買うに決まってるじゃん!!う、うまいな、売り方が……!

登場シーンも最高!

火野さんがちゃんと出てくるシーン、メチャクチャ良かったですね!万丈が落ちそうになるところをガッ!と掴む逞しい腕!エスニックファッション!もう地面に穴が開いた瞬間「くるぞ!!」という予感がヒシヒシと感じられましたが、いや、良かった!

出てくるコンボも最高!

ガタキリバ、好きなんですよ!いかにも仮面ライダーっぽい昆虫感、なにより増える!強い!あとあの多重セイヤーッ!がハチャメチャ感が強くて良い(今回はなかったですが)。CGがヤバくて予算がヤバいと聞いたので出てきた時は驚きました。まぁ、敵いっぱいいたし、一気に倒すならアレしかない!

タジャドルもいいですよね〜〜〜来るとは思ってましたけど、実際くるとまた感慨深い……。最後、セイヤーッ!からの爆発、炎をバックにこちらへ振り返るスローモーションのタジャドルコンボのオーズ……か、かっこいい〜〜〜!セイヤーッ!が聞けただけでも満足!よく言う単語や印象的な台詞はあっても「宇宙キターッ!」的な毎回これを言うというのがオーズは無いですし、セイヤーッが実質決め台詞みたいなところありますよね。セイヤーッはどこから来たんだとかいろいろ考えるとまた長くなるのでやめときますが……。

プトティラコンボが最強コンボということになってるとは思いますしプトティラすごい好きなんですけど(尻尾とか特に、あと周りがバリバリ凍ったりしてメチャクチャかっこいい)いや、タジャドルだよな……うんうん。

平ジェネ本当に面白かった

全体で見るとオーズパートの力の入りようが凄すぎた感じはしましたが、平ジェネ、面白くて何回でも見れそうな作品でした。見たことのなかったライダーもいたのでポツポツ見ていけたらいいなぁと思います。

(とうえいとくさつファンクラブさん、もうちょっと見やすいUIにしてください、お願いです……)

ドリフェス!アニメの次元の混ざりについて

ドリフェス!Rの8話(本日テレビ放送)が次元の混ざりが強い回なのでそれについて書きます。

(あくまで私の気持ちなので、話としてまとまっていない部分も多いです。すみません……。)

次元の混ざりについて

ドリフェス!は5次元アイドル応援プロジェクトなので、2次元+3次元です。なので、アニメにも3次元の出来事などが反映されていることがあります。

1期で言うところの全国行脚の回みたいな感じで、「わ〜!私この現場いたわ〜!アニメにも出てきて感動〜!」「あれっ、このエピソード、もしかしてラジオで言ってたあの……?」みたいなことがアニメに登場するアレです。

それが1期2期通して最も強いのがドリフェス!R(2期)8話だと思います。

これから見る人のネタバレになるとアレなので詳細は書きませんが、「あっ、これ!アレじゃん!」「この台詞、聞いたことある!」というものがたくさん出てきます。

3次元を知らない人にとっての次元の混ざり

私はドリフェス!に関して他の方の感想や意見をほとんど見ないようにしています。なのですが、それでも「この次元の混ざり、2次元しか知らない人は楽しめてるの?」というのはたま〜に見かけます。

それを見ると「確かに実際に見聞きしてるからこその感動はあるよな〜」と思う一方で、そうでもないんじゃ?と思ったりもします。

私は2次元も3次元も両面からドリフェス!を応援しているタイプなので、ここからは私の推測です。

元ネタのあるもの

私は映画を見るのが好きなのですが、映画マニアと言えるほどは見ません。その中でたまに「元ネタ(オマージュ)が多い映画」があったりします。例えば刑事物の映画で、昔の名作刑事映画の名シーンや名台詞、登場人物の話が小ネタとして出てくる映画です。「映画マニアなら小ネタ全てが分かるだろうし、倍くらい楽しめるんだろうな」と思いながらそういう映画を見たりしてます。

じゃあ私はその映画楽しめてないのか?というと、すごく楽しんで見ています。アクションが楽しい!登場人物が好き!ストーリーが面白い!などと思いながら見ています。

ただ元ネタが多い映画というのは知った上で見ているため、見たあとに映画好きの方がまとめてくれている元ネタ一覧や映画評論家の方の解説で元ネタを知ったりしています。そこから「なるほどこれが元ネタか〜。見てみるか!」「そういう意味だったのか〜」と納得しています。

ドリフェス!の次元の混ざりもこれに近いんじゃ?と私は思っています。ドリフェス!のアニメってお話が面白いですし、3次元のネタが分からなくても楽しめる内容だと思います。

一瞬写った純哉が描いたと思われるTシャツのデザインが、現実でも富田くんデザインだということが分からなくても全然面白さは失われないと思いますし……。

ただ、これが現実であった出来事だと知るとより楽しい、というオマケがあるよみたいな感じで……。

ただ単純に元ネタがある映画とは比べられないとは思います。元ネタというか、取り入れられているのが現実で起こったことですし、ストーリーに絡んでいるし……あくまで近いかな?というくらいだとは思います。

ドリフェス!から次元の混ざりを抜く

全員が楽しめるものにするために次元の混ざりを抜くべきと考える方もいるとは思います(全て私の想像なのでいなかったらすみません)。

ただ、ドリフェス!から次元の混ざり=5次元要素を抜くと、それはドリフェス!ではなくなるんじゃないか?と思ってしまいます。

正直いちファンにとっては「どこまでが2次元の要素だけで出来ているのか」というのは判断不可能です。脚本や監督の方とキャストの方が直に話して取り入れられたエピソードも入っているということですし、「えっ、それ3次元のエピソードだったの?」みたいなのも大量に入っていると思います。

その中でファンの知っている部分、知らない部分があるというだけだと思うんですよね。

3次元への入り口になる気がする

ドリフェス!はメディアミックスというか、とにかく混ざりがちなコンテンツですから、例えば「2次元しか興味ないです!」という方がアニメのネタを入り口にして3次元の方にも興味を持ってくれるんじゃ?という気もしています。

私も正直最初は3次元の方には興味はなかったのですが、今ではすっかり両次元(?)のファンなので……(何がきっかけかは忘れました)。何がきっかけになるかは分かりませんし、種をまいておくみたいなのはいいことだと思います。

アニメを見たあとの行動は人それぞれ色々ですが、その前提を踏まえて「こういうのもあるよ!」という提案的なところもあるんじゃないかと、私は思います。

もちろん2次元しか好きじゃないという方も3次元しか好きじゃないという方もいらっしゃると思いますし、それでいいと思うのですが(無理に両方楽しめ!というのも違うと思いますし)、

せっかくの5次元なので両方知るとより楽しめるな〜ということは強く思います。

 

ちなみに2次元が好きな方にオススメなのは、アプリです!!アプリ最高!!アプリのシナリオ最高!!!アニメも最高ですがやっぱりアプリのシナリオ読むとドリフェス!を好きになった当時の気持ちが思い起こされます。

3次元に興味が出てきた方にオススメなのは、アミューズモバイル!写真が最高!月額300円が安いと思える素晴らしい写真や動画がたくさん!チケット先行とかもありますしお得!

 

最終的に何の話なの?となってしまいましたが私はドリフェス!R8話大好きです。

【追記】

DCDとアプリで増えるものの違い

DCD(データカードダス)とアプリで増えるものが違うなぁ、と思ったので書きます。

※他のアプリやゲームにすごく詳しいわけではないので考察でもなんでもないただの所感です

f:id:hoshi_bubble:20170427000605p:plain

ふと、アプリだと服がどんどん増えるけど、アプリだとキャラがどんどん増えてるなぁと思ったんですよね。

 

アプリ→3Dモデルの着せ替えがメイン。洋服のカードなので、キャラクターを増やす必要がない。服のバリエーションをカードとしてどんどん出す。

 

DCD→筐体でお馴染みの着せ替えシステムはなし。服(フルコーデ)とキャラをセットでカードにしている。服の種類はそこまで増えないがキャラを徐々に増やしてバリエーションを作っている。

 

こうして考えると、DCDのほうがアプリっぽい仕組みだし、アプリのほうがDCD(というか着せ替え系筐体ゲーム)に近いんじゃないかと思ったりしました。

(アプリも最初は外部課金でリアルカードと連動していたわけだし、DCDのやり方をそのままアプリにしたって感じでしたが)

 

企画がどうしてこうなったのか分からないので卵が先か鶏が先かみたいな話になってしまうのですが、色々あった上で「アプリがDCDっぽくてDCDがアプリっぽい」という状況になってるのかな〜と勝手に思っています。

 

DCDでガンガン増えている新キャラも投票で上位のキャラには声がついたりする(曲が出る?)みたいですが、声優さんをキャスティングするのか、他のメインキャラと同じように俳優さんをキャスティングするのかその辺も気になりますね〜。

 

メインキャラをどんどん増やしていかないのはドリフェス!の特殊な2.5次元のあり方も関係してるのか?と勝手に思ってるんですよね。

歌って踊れる(ようになれる)上にアイドルとして応援したくなるような魅力のある俳優さんを選んで、更にキャラクターに寄せたりキャラクターを寄せたりかなり色々やる必要があるし無限には増やせないですよね……。

 

今後その辺どうなっていくんでしょうか?メインキャラ、増えるのかなぁ……。今までのドリフェス!の歩みを考えると増えない気はしてますが、アニメでのユヅや三神さん的な感じでサブキャラはどんどん増えそうですね。DCDのルーキーもそんな感じのポジションなのでしょうか。

 

なんかまた別の話になってきちゃいましたがドリフェス!、今後の展開も楽しみです!

MV集とミニアルバム発売おめでとうございます!どっちも最高超えてました!!!

 

 

 

2.5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』ミニアルバム2「Catch Your Yell!!」

2.5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』ミニアルバム2「Catch Your Yell!!」

 

 

ドリフェス!におけるファンについて

ドリフェス!を知ってそろそろ一年くらいになります。ドリフェス!について書いてみようかなと思いブログを作りました。

ドリフェス!は色々語りたいことが多いのですが、とりあえず思いついたところから書きたいと思います。ブログが続いた試しがないので続けられるかは微妙ですが……。

ドリフェス!とは

ドリフェス!とは何か?に関しては長くなるので公式サイトの世界観のURLだけ貼っておきます。

世界観|「ドリフェス!」 2.5次元アイドル応援プロジェクト公式サイト

ファンとして応援ができるところが良い

f:id:hoshi_bubble:20170306230228p:image

ドリフェス!の好きなところでまず挙げたいのがファンの扱いです。

前提として、私は乙女ゲーム的なものにほとんど触れてきませんでした。特に恋愛対象がアイドルのコンテンツだと、主人公の女性キャラに感情移入が出来ずかなり困っていました。

こ、この人(アイドル)、繁華街でマネージャーとデートしてるぞ!うわキスまでしてるけど大丈夫か?週刊誌に載ったら結構ヤバくないか?と本気で思ってしまっていました。乙女ゲームが向いていない……。

そんな私がハマれたのがドリフェス!でした。

 

「アイドルと恋をする乙女ゲームではありません」――バンダイの女性向けプロジェクト『ドリフェス!』仕掛け人に直撃|ゲーム|ローチケHMVニュース

 

私がドリフェス!に初めて触れたのはアプリゲームでした。アプリはキャラの3Dモデルに好きな衣装を着せて、音ゲーで踊らせることが出来ます。

アプリ|「ドリフェス!」 2.5次元アイドル応援プロジェクト公式サイト

音ゲー=ライブに行く

まず、音ゲーです。音ゲー開始前にキャラに着せたい衣装を選びます。これは着せ替え用のカード(ドリカ)を使うのですが、普通に考えたらプロデューサーとしてアイドルを育成する一貫で着せてるのかな?と思うじゃないですか。でも違いました。

このドリカはなんと、ファンであるユーザーがアイドルに「飛ばす」ものだったのです。

アプリでは音ゲー開始前にチケットをもぎる演出が入ります。「本日はライブにお越しいただきありがとうございます」みたいなアナウンスも入ります。

へ、へえ〜私は今ライブに来ていたのか…そこでまず驚きました。そしてアイドルにドリカを飛ばします。飛ばすってなんだよという感じですが、とにかく飛ばします。

すると、なんと舞台上のアイドルが、自分が今飛ばしたドリカを受け取ってくれます。そして、ドリカに記載された衣装に着替えます。

飛ばすということはつまりアイドルに受け取ってもらうために飛ばしていたのです。

これって凄くないですか?!なんと推してるアイドルが自分が着てほしい衣装を着て踊ってくれるんです。素直にすげえ!と思いました。

ライブが終わったら帰ります。ライブ終了後のアナウンスもあります。

シナリオ=テレビ番組

そして音ゲーをやるとシナリオが開放されます。アプリの中でシナリオは「チャンネル」と呼ばれています。チャンネル???何???というのがまず第一印象でした。

そう、チャンネルなのです。ドリフェス!のシナリオはテレビ番組です。アイドルがやっているテレビ番組を見る、という設定なのです。つまり、ファンである私(プレイヤー)はテレビを見ることしかできません。

すごい、ドリフェス!はキャラとまったくコミュニケーションが取れないんだ!とシナリオを見て気づきました。

テレビ番組なのでロケ等していると一般の方も出てきますが、それはロケ現場にたまたまいた一般人で、私ではありません。

シナリオは大体「こんにちは!○○です!」的な挨拶から始まり、「また見てね!」で終わります。

キャラの本当の素の姿は見ることができない

番組には音楽番組・ドキュメンタリー・ロケバラエティーなど様々な種類があるのですが、そのなかにキャラの素の姿に密着する番組も存在します。

しかし、シナリオはあくまでもテレビ番組なので、いくら素に迫る……と言ってもキャラの本当の素の姿をみることが出来ません。

分かりやすいのが風間圭吾くんです。風間くんは「王子様キャラ」を徹底的に作っているキャラです(まとめると語弊ありまくりですが許してください)。

そのため素に密着といっても、王子様キャラで登場します。本当は彼はラーメン好きの普通の高校生なのですが、その要素はほとんど出てきません。たまに番組では隠し撮りしていて、そのときに素が出ちゃっていることはあります。ラーメン好きというのも、その隠し撮りで見えちゃったレベルの情報なので本当かどうか分かりません。

 これって非常に実際の芸能人とファンの関係性に近いなと思いました。

ファンである我々は芸能人を応援する際、表に出ている情報しか知りません。Twitterでいくら芸能人が「○○大好き!」と言っていても、イメージ作りのために嘘をついているかもしれません。

アイドルユニットメンバーのAさんとBさんが仲良しのように感じられても、実はめちゃくちゃ仲悪いかもしれません。しかし、その辺は確かめようがないことです。

素の姿が見えないということは寂しくもありますが、裏の事情を見なくていいということでもあります。私はそういった裏事情はあまり知りたくないというか、アイドルのキラキラした姿だけ見ていたいと思っているので、これは凄くいいところだなと思っています。

ファンに見せたくないことは彼ら自身の判断で見せないでくれるし、アイドルとしての彼らのみ見せてくれるので応援しやすくて嬉しいです。

キャラと話せないし恋愛もできない

上記の通り、ドリフェス!はキャラと話せません。一応ホーム画面で「おはよう、今日も1日がんばろう!」「おやすみ!」みたいなことは言ってくれますが、「おはよう、行ってきますのキスがしたいな」とか「寝る前に頭撫でてあげるね」などの乙女ゲーム的台詞は言ってくれません。なぜならユーザーは彼女ではなくファンだからです。

アニメでもファンはファン

アニメでも、いわゆる女主人公的な存在は出てきません。アニメは、彼らアイドルがユニット結成してデビューするまでのドキュメンタリーという位置づけです。ファンもモブとしては出てきますが、お話の本筋には全く絡んできません。

ただ応援するファンとしての描写はかなりしっかりしています。たまに映る客席のモブの表情まで「うわっ、ライブ見てるときこういう顔しちゃうよね〜」というリアリティがあったのには笑いました。

ファンはファンでしかない

色々書いた割にまったくまとまってないのですが、ドリフェス!においてファンはファンでしかないというのが大きなポイントだと思います。ファンだからアイドルとは恋愛できない、素の姿も見れない、プロデュースすることもできない、会話もできない。

でも、ファンだからこそ応援ができるんですよね。一緒に仕事や恋愛してたら応援って感じじゃなくなるし、「応援」するためにそういった直接の接触の要素を無くしたのは素晴らしいなと思います。

裏を返せばアイドルをプロデュースしたり恋愛したりの要素が無いため、そのあたりに親しんだ層は取り込めないかもしれません。でもそこで「じゃあ人気出すために恋愛要素追加しよう!」などとしないところがブレなくて好きです。

 

とにかく応援させるぞ!!!という強い意志を公式から感じます。1年位追ってて、アニメ化したり要素がいくら増えようとそこが変わらないので、非常に安心して応援することができます。こういうメディアミックス作品は段々人気が出てくるにつれ「あれ?こんな感じだったっけ?」となることが多いのですが、ドリフェス!は心配なさそうです。