気持ちのブログ

好きなものに関する感想や思ったことを書くブログです。全てポエムです。

終わるような終わらないような日々

※とても長い上に過去の記事と同じようなことを言っていますし、ただただ自分の心情を書いています

※暗いポエムです

f:id:hoshi_bubble:20180627005246p:plain

 

3月5日ドリフェス!の諸々の終了が発表されてから約4ヶ月、

5月1日アプリが終わってから約2ヶ月、

ドリフェス!が終わるような終わらないようなそんな気持ちで日々過ごしていた。

そんな中今日のドリフェス!部にて武道館の追加公演が発表された。こういった興行に詳しくないのでどの段階で会場を押さえていたのかなどは分からないけど、素直に嬉しく、すごいと思った。家族全員呼ぶかと思ったくらいには嬉しかった。

アプリの終了と喪失感

アプリが終わって、ものすごい喪失感に襲われた。以前この記事でも書いたが、約2年間も遊べたアプリが初めてだったし、初めて課金したアプリだったし、思い入れが強かったからだ。衣装もライブももう見れないし、新規シナリオももう二度と見られない。そう思うと悲しくて仕方がなかった(これを打っている今も思い出してつらい)。

ドリフェス!で埋まる土日と疑問

だがその悲しさがある一方、「ドリフェスで忙しい」毎日は続いていた。立て続けに発表されるコラボカフェ、コラボショップ、(直接的には関係ないけど)はたおにのイベントなど、アプリがあったころ以上に追いきれないようなくらい色々あった印象がある。

グッズもたくさん出た。アプリの課金がなくなったことでよりグッズにお金が使いやすいというのもあったけど、「(コンテンツの終了を)考え直してくれないかな」という気持ちも込めて沢山買った。そういった“お布施”的な買い方も多少はあったけど、以前より買いたくなるような趣向が凝らされた素敵なグッズが増えたと思う。部屋にどんどんドリフェス!のグッズが増えていった。なんだか他のファンの皆さんも熱心に活動されているようで楽しかった。あまりアニソン系のイベントに詳しくないのだが、某大型アニソンイベントの発表も何だか凄いらしく嬉しかった。

そうした中で、「ドリフェス!、こんな沢山イベントやコラボがあるのに終わるのだろうか?こんなファンも熱心で活発なコンテンツなのに、終わるのか?」という気持ちになることが多かった。

だが、そのすぐ後でいつも「そうか、終わるからこそこんなに色々あるんだし、終わるからファンが活発にもなってきたのか」という気持ちにもなった。

終わるから、武道館があるから、それに向けてのイベントやコラボ、グッズなのだろう。何だか終わりが決まったのが急なような雰囲気もあったし、もしかしたらもっと後にやる予定だったコラボもあったかもしれない。

終わらないようなやっぱり終わるような気持ち

ドリフェス!に終わってほしくないから自分なりにやれることはやってきた。要望も出したし、SNSでトレンドに入るといいなと思って普段は使わないハッシュタグを使ってつぶやいたり、色々グッズを買ったりもしてきた。ドリフェス!が終わる理由は色々あるだろうから分からないけど、ファンの熱が届いて終了が撤回されたり、区切りはつくけど年1回でもなにか新作や公式イベントがあったりするくらいになってくれたらなと心から思う。

そう思う一方で、「終わるから」こそ「終わらないような感じ」になっているのかな、どうしてもそう思ってしまう。それがとても悲しい。

いつまでもダラダラ続いたり、コンセプトを変えて生き残る手段を選ばなかったというのが、ドリフェス!らしいし素晴らしいなと思うものの、やっぱりもう少し見ていたかった。

武道館の後

武道館2DAYS、その最終公演の最後のMCで良い発表があるといいな。

そう思うけれど、そう思った瞬間に“何も次に繋がる発表がなかった”パシフィコを思い出してしまったりもする。そういえば嫌な予感があのときもしていたし、「頼むからパシフィコの後に彼らの口から何か発表が聞きたい」そう思っていたけど何もなかった。

そう思うと怖くて仕方ない。

きっと過去最高に素晴らしいだろう武道館2DAYSが終わって、彼らの口から感謝の言葉を聞いて、会場がそのまま明るくなる。涙を拭きながらスマホを開いてTwitterを見ると、公式アカウントやキャストの感謝のツイートが流れてくるだろう。一緒に観ていた友達とごはん屋さんで泣いたりしながら「凄いよかったね」「終わるの悲しいね」なんて言ったりして、そのまま帰宅する。想像すると悲しくて泣いてしまう。

そうならないで欲しい。「な〜んだ、ドリフェス!終わらないんじゃん!」とか「今までよりだいぶペースは落ちるけど何かあるっぽいし良かったね」とか笑いたい。「終わらないのかよ!コンセプトがめちゃくちゃだな!続ければいいってもんじゃないぞ!」とインターネットで怒り出す人がいたっていい。

今日のドリフェス!部で7人揃って笑ってる姿を見て「終わらないでくれ!」心からそう思った。ドリフェス!終わってほしくない。キャストの皆さんも、俳優としてのお仕事でとても忙しそうだし、そういうのも終わる理由としてはあるんだろうなと思っているが、それでもやっぱり終わってほしくない。たまにでいいからアイドルとしての姿を見せて欲しい。

この数ヶ月で「ドリフェス!終わらないんじゃないか」と思ったし、「俳優としてカッコいい姿を見られるんだからいいじゃないか」とも思ったことは事実だけど、やっぱ終わってほしくないんだよな。

何もかも消えゆくし、どんな生き物だって明日死ぬかもしれない、いいときに終わるのが美しい…というのはあるんだけど、それはそれとして、ドリフェス!永遠に続いてほしいな。というのをブレードランナーのサントラを聞きながら思ったりした。(ポエム)

トピック「私と『ドリフェス!』」 - はてなブログ