気持ちのブログ

好きなものに関する感想や思ったことを書くブログです。全てポエムです。

「やりたくてやってる」のか「やらされてる」のか「それで幸せなのか」について

ブログ名通り気持ちのブログなので、たまに思っては忘れまた思い出すことについて書こうかなと思います。

↓はなんかまとめたいなと思い作った図なのですが、なんだか怖くなってしまった……真ん中に配置したオタクの絵が怖いんですかね。ブログを見返すとこんな図を作ってばかりですね。好きなんですかね、図をつくるのが。

f:id:hoshi_bubble:20180915015931j:plain

今回の記事はなにか特定のジャンルについて書いたものではないので、ご承知おきください。記事の中に「推し」という表現が沢山出てきますが、アイドルなどに限らず応援や憧れの対象となる存在のことを便宜上そう表現しています。便利な言葉だな!!!!!!(それ以上の感情はありません)

特に直近の物事に対してのことでもないのですが、すごいタイミングで何かが起こってしまった場合はすみません!わざとではありません……。

 推しの仕事

何かを応援するとき、例えばアイドルなどの芸能人、スポーツ選手、文化人、作家とかなんでもいいのですが、「やりたくてやってる」のか「やらされてる」のか「それで幸せなのか」みたいなことがふと頭をよぎります。

大衆向けのなにか、接近イベや地方回り、今までの方向性と微妙に外れたなにか、ファンサービスとかそういうやつって結構賛否あったりするじゃないですか。素直に楽しんでる人もいっぱいいるし、「搾取!」「大衆迎合!」「きっと嫌がってる!止めさせて!」みたいなやつです。

そういった議論を見るたびに「私の推しはこの仕事をやりたくてやってるのかなあ、やらされてるのかなあ」と思います。

私はあまりその仕事一つ一つに関してはあまり感情がわかないのですが*1、実際「仕事に対して推しがどう思ってるのかを想像すること」自体が気になったりしています。

握手会がわかりやすいので例に出してしまうのですが、握手会ひとつでも

喜ぶ人→嬉しい!元気出た!握手するためなら○円くらい払う!

喜ばない人→沢山の知らない人と握手することで心身の健康を損なうのでは?搾取では?ステージの上の姿しか見たくない!

とかいろいろあるなあと見てて思いました。しかも割と相容れないって感じもします。同じファンでもお互いのスタンスの違いを認め合わないというか。多分お互いの行動が推しへの不利益になると感じているからじゃないかと思います。

推しの幸せとはなにか

ということはみんな推しの幸せを願っているんだとは思うんですよね。握手会の例でいうと、肯定派は握手参加権的な課金で推しも潤うし……というのがあるだろうし、否定派は推しの健康やストレスなどを気にしてると思うし……。

と考えるとみなさんそれぞれに推しがどういう状態が幸せなのかというビジョンがあるってことかあと思いました。推しがとにかくビッグになることが成功とか、推しが一人の人間として自由に生きることを望むとか、推しが自分が思う幸せな状態になってほしいのかなあと……どうなんでしょうか。

推しの幸せを考えるにあたってつらいところは、結局推しがどう思ってるかなんて分かりっこないというところですね。裏垢か何かが流出しちゃったならまだしも、インタビューで言ってることだって本心かなんて分からないですし……。「実はあの仕事は嫌だったんだけどステップアップのためにやった」みたいなこと言う方もいるけど、その数年後に「あのときはそう思ってたけど結果やってよかった」と意見が変わる方もいるしなあ。そのときそのときの発言を信じるしかないんですけどね。

正直親しい人、友人や家族だって何考えてるかわからないときがあるとすると、憧れの存在が何考えてるかなんて分かるわけないじゃないですか(怒)分かりたいですけど……。

別に普段の仕事のひとつとしてなんとも思ってないかもしれないし、舌を噛み切るほど嫌かもしれないし、オタクとしてはちょっとした表情や言葉のニュアンスからそれを察したりもしますけど、そう思わせるための超高度な演技かもしれないですよね。私にはできない高等技術ですね。

自分の考えを推しに投影する

推しはどう思って日々仕事をしてるんでしょうか。結局これって自分がどう思ってるかの投影なのかもしれない。単純に自分が嫌いなものに関わるのが嫌とかそういうレベルのこともあるだろうし、それを良しとする人がいる事実が受け入れられないとかもあるのかもしれない。自分の仕事がつらくてせめて推しだけは…と思う人だっていると思うし……。

周りの人間やファンの人を傷つけても本人の自由にやるのが推しの幸せだと思う人もいれば、推しがつらそうでもやりたくてやってる(やると決意した)なら応援するよみたいな人もいる。自分が何を大事にしてるかみたいなのを再認識する作業を常にしている気がしてきました。推しの気持ちなんかわからんからそうするしかないよなあ。

自分はどうか?

私はどうなんでしょうか。わかりません。もちろんやりたいことをやって幸せで大成功をするのが最高というのは思いますけど……わからんな……。でも頑張りすぎて結果美月さんみたいに倒れちゃったりするのもきついし*2、でもやりたいならやって欲しい、でも休んでほしい。かといって休みすぎて仕事がなくてつらそうなのも困る、御本人が納得行く感じで働いてほしい。

……と幸せを願う一方で私が思う最高の存在になってほしいし、いつまでも自分が好きでいられるような存在でいてくれ(私の期待を裏切らないでくれ)みたいなオタクの業みたいな意識もありますね。ひどすぎる……。

−−−−−以下は自分の決意です−−−−−

自分がオタクの業を背負っていることはわかったので、とりあえずオタク同士で傷つけ合うのはやめようと思いました。自分がどんなスタンスであれ、オタク全員に自分と同じものを求めたり、自分が嫌なものを楽しんでるオタクの方を批判したりしてオタクバトルをしたりしないようにします。基本ツイッターは壁打ちなのであまり経験ないですけど、「最高〜!」と言ってるときに「私は最高なんて思わない。だって推しがかわいそうだし、最高と思うお前も同罪だよ」みたいなこと空リプで言われたら悲しいですからね。ん?こんなこと言われたことあるか?これは仮想敵です。

なんかえらい文字数になってしまいましたが、冒頭の画像ですべて気持ちが説明できてしまった気がして落ち込んでいます。

*1:もちろん個人的に嫌なセンサーに引っかかり「エッそんな仕事?!」と思うこともあります

*2:アイカツ!第47話「レジェンドアイドル・マスカレード」の話です