気持ちのブログ

好きなものに関する感想や思ったことを書くブログです。全てポエムです。

1.4以降の諸々の感想

1.4以降色々あったしそのことについてずっと頭でぐるぐる考えがまとまらず、ウワーッ!となっているので自分の感想をまとめようと思い書いています。

※考察とか情報ではなく感想です。長いです

※新日の2018年のG1以降の展開について好意的な方、楽しんで見ておられた方、現チャンピオンのファンの方はあまりいい気分にならないかもしれないので注意してください。

 

まず1.4について

興行全体でいうと、離脱の噂があった人が続々負けていく(ベルトを落としていく)という展開が続いてなんだか俯瞰の視点で見ちゃったな〜という感じだった。俯瞰の視点で見過ぎると試合自体に熱中できないタイプなので、ちょっと惜しいことしたなという気もしている。

飯伏さんが担架で運ばれたのがショックで、直後の数試合はしばらくぼーっと見てしまって気づいたら試合が終わっていたりした。それもあって変に俯瞰視点になってしまったのかもしれない。

ジェリコ内藤戦、元々ジェリコのファンだから贔屓目で見てることもあるだろうけどジェリコが本当に見事だな〜と感じた。また別の選手との試合が見てみたいので新日と何らかで絡むと嬉しいなと思う。(AEWとの契約上もいけるみたいだし)

Kenny’s Questについて

アンダーテール(しかも作者と作った……?!)モチーフということだけど、知らなくても随分風刺(?)がきいてて最高の煽り映像だなと思った。

正直10.8以降の動きや団体から出る映像などでの諸々で気分が最悪になっていて、1.4の視聴モチベーションが過去最低になっていたので、あの映像がなければ見てなかったかもしれない。

あれを自力で用意するプロデュース能力と、どんよりしているオタクへの優しさ、そして常に発信して話題を提供する姿勢など、もう世界最高という感じで本当に最高だと思う。

1.4メイン(棚橋ケニー戦の方)について

年末にかけての番組とかの構成が偏り過ぎな件などもあって、煽りVのところは中継消していた。あと英語実況で見ていた。気分良く見るためにこれは正解だったっぽい。現地のケニーファンは避けられないので辛かったろうな〜と思う。

入場めちゃくちゃかっこよかったなぁ。10.8でセフィロスをやってしまったので、あと何が残ってる?!と思ったけど、Kenny’s Questに合わせてアンダーテールモチーフだったらしい。

肩から羽がマント状に付いてるのも最高だしマジで美しくて良かった。

試合自体、面白くはあったと思うけど棚橋さんが勝つタイプの流れだなぁと思って見ていた。特にここ最近や絶対王者時代の流れだった気がして、またここでも俯瞰で見ちゃったなぁと思う。お互いのスタイルに歩み寄った部分もあって(掟破りの〜)そこも棚橋さんの試合という感じがしたな。

結果に関しては察していたといえばもうカードが決まった瞬間から察していたところはあったので驚きはしなかった。エリート勢全敗の流れもあったからだとは思う。マイクを見る前に消してしまったけど、これもまた正解だったみたいで残念だ。マイクで和解みたいな流れになるかと思ってたけど甘かったなぁ。

イデオロギー論争』の件

結局イデオロギー論争はなんだったんだろう?論争というより段々悪口のように感じて最終的に後味の悪さだけ残った。なにかいい事があっただろうか?言い過ぎかもしれないけど、双方、そして団体にとってもあまり良くなかったんじゃないかと思う。

ケニーファンにとっては少なくとも気持ちのいいものではなかった。別にプロレスでよくある因縁とかバチバチが嫌なわけじゃない。それなら見始めてから幾度となく見てきたし、不快になったことなどない(むしろ好きなくらい)。うまく言えないけど違和感がすごくあった。例えばケニーにそこまで悪い印象も持っていなかったひとまで扇動されたような、まるでケニーのファンがいないか、いてはいけないような雰囲気作りに腹が立った。

私だって彼のことを嫌いになりたいわけではない。見始めたキッカケはブシロードのテレビで大きな身体で一生懸命カードゲームをする彼の姿に興味を持ったからだし、G1前オカダさんに挑戦したときは心から応援した。チャンピオンじゃなくても輝きを失わずに頑張っているし凄いなぁと思っていたくらいだ。

ただG1優勝以後、嫌な部分ばかり目につくようになった。私にはヒールにしか見えなかった。たまにプロレスの話を聞いてもらってる友人があれはヒールの言説じゃないのかと言っていたが、本当にそう思う。

たまに彼は相手を引き立てるためかヒール的な言動を敢えてすることがあったと思う。それなのかな?と思ったのだが、辿り着いた先を見る限りどうやらそうではなかったらしい。

そんな彼の言動がベビーとして、ヒーローとして多くの方から支持を集めている状況が怖いなと感じてしまい、10.8以降現地に行く気がなくなってしまった。あの空気感ではファンとしても居場所がないし、せっかくいい試合を見て台無しな気分にはなりたくない。何度も言うがこれは煽り合いが嫌なわけではない。ファン同士ああだこうだ居酒屋で語るのはいいとしても、10.8のように「ほらみんな今の試合つまんなかったよね」みたいにレスラーに言われてしまうと普通に楽しめたファンとしては本当に居場所がない。

論争とやらを始めなければ、また別の舵取りが出来ていれば私も彼に嫌なイメージを感じずに済んだかもしれない。あのまま会場に足を運ぶ気にもなっていたかもしれない。ケニーがいなくなった後も熱心に団体を追い続けたいと思えたかもしれない。そう思うと本当になんの得があったんだろう?彼のファンが知り合いにいないので分からないが、楽しめていたのだろうか?楽しめていない人もいたんじゃないかなぁ。勿論両方のファンの人もいただろうし。

もし「これに付いてこれないならファンとして不適格」「選手がたった一人いなくなって見なくなるなら切ってもいいファン」ということならそれでもいい。これで多少ファンが離れてもと思うほど上昇傾向にあるんだなと思う。でも、少なからずケニーは団体に貢献していたのではないだろうか?なぜそれなのに砂をかけるようなことをするのか。

どうせいなくなるつもりの、生え抜きでない人に対して何やってもいいみたいなのがあったのだろうか?それにしてもあんなことする必要があっただろうか。外の団体から来た人に対して冷たいですよね、それに加え日本人とか外国人とかそういうのもある。どちらかというとこの流れを作った団体に対してがっかり感が強い。

ケニーは試合の面白さや新鮮さもあるけど、主張などがすごく共感できるところがあって、そういうところを見てファンになった人も多いと思う。それが彼が何か変えてくれるような期待感にも繋がっていたと思うけど、少なくとももう新日ではそれは難しいんだろうな。

今後について

日本を離れるというようなことを言っている(新日との契約は更新しない様子)ので、AEWか、もしくはフリーでAEW中心に色々な団体に出るのかな〜と勝手に予想している。

今の気持ちは寂しさ6割とホッとした気持ち4割くらいの感じで、ddt辞めるときほどショックじゃないかもしれない。ddt辞めるときはコミカルな試合が見れなくなる〜とか新日に合うのか?!とか不安だったから、むしろ今は新日やめてのびのびと出来るならいいんじゃないか?と思う。

ただケニーの顔がG1以降からめちゃくちゃ疲れて見えるし、実際お疲れなんだろうけど、悲壮感が凄くてそれがファンとしてつらい。もっと明るく送り出したかった。なんかこれじゃ追い出されたみたいじゃないか。何度も言うけどあの流れがなければ……。

壮行試合もなくフェードアウトだとすると本当に悲しい。日本人選手は壮行試合をやるのに、外国人選手はラストマッチのアナウンスもなく去るのが当たり前なのか?1.5でお辞儀して去るとか、デヴィちゃんみたいに明らかにラストマッチだと分かるように組まれるならまだいい方なんだなと思う。デヴィちゃんはずっとパートナーだった田口さんとの試合だったけどケニーは彼との試合で最後?

勿論これからのことが未定だから壮行試合もなにもないのかもしれない。帰ってくる可能性があるのに壮行試合はおかしいもんな。AEWまわりで契約が揉めてるのかもしれないし、新日の海外興業だけ出たりするのかもしれない。それにしても後味が悪い。

G☆Lについて

一番気になるのは1.4以降ケニーから飯伏さんのことが語られてないことだ。めちゃくちゃ違和感ありませんか?特に石井戦の後とか「ずっとG☆Lで」とか「どこへ行っても」とか言っていたのに……。きっと何かあって意図的に出してないんだろうなぁ。週プロで一言触れられていたけど、今後への言及はなかったし。

飯伏さんもしばらくお休みだし本当にどうなるか分からない。飯伏さんだけ新日に残って本隊に入るのもあんまりしっくりこないよなぁ。二団体所属のころそんな感じだったけどあまりスッキリはしてなかった気がする。

G☆Lがたとえ二人で戻ってきても二人とも居場所がないような感じもする。居場所というか、ユニットに所属しようがないというか。リーグ戦とかだったらいいかもしれないけど。それもあってG1以後あの流れになっちゃったんじゃないかと思わなくもない(彼らでは分かりやすいユニット間の対立軸を作れないとかで)。

私だけかもしれないけど、二人にはあまりユニットとかグループとかいうイメージがないし、そこが好きなところでもある。あくまで個と個という感じがするからだ。

だからこそ別に団体にこだわらずとも、どこかで二人が楽しそうに試合をしている姿が見られれば良い。配信が無いような海外インディーだと現地に行くしかないから金銭的にも時間的にも難しいかなとは思うが。

 

いつか日本で試合をしてくれるとしても、別に新日に戻ってくるだけが日本で試合をする方法じゃないと思うから、思いもよらない所で見れたりしたら嬉しい。

もしかしたら日本国外のファンはずっとこういう気持ちだったのかもしれないなぁ。こうして日本で、休日なんかにフラッと見られていたのが恵まれすぎていたのかもしれない。毎試合見られたわけではないけど、試合を生で見られたことは本当に幸せだ。

最近昔のPCの写真のデータを見ていたところG☆Lの写真がいくつも出てきて、楽しかった思い出が蘇ってきた。試合を見返してみても、ddtの頃の試合も新日移籍後の試合もどれも面白い。二人にはゆっくり休んでもらって、また面白い試合が見られたらいいな。本人たちが楽しそうだともっと嬉しい。どこか、いつになるかは分からないけど、きっとG☆Lはまた見られると思うので……。