気持ちのブログ

好きなものに関する感想や思ったことを書くブログです。全てポエムです。

ドリフェス!が終わったら

緊急放送、ありましたね。見ました。

これは私個人の気持ちですが、結果として一番悲しい発表がありました。武道館単体で見れば、それこそ「サイコー超えてる」けど、そうか、ドリフェス!終わるのか……(今回の記事では表現として終わりと言っていますが、一区切りだと思ってますし思いたいです)。

f:id:hoshi_bubble:20180306004304j:plain

もちろん、良い発表もありました。終わりに向け、CDやブルーレイの発売(ツアーとバトライが分かれて出るのはクロフネの女として本当に嬉しい)、そしてファイナルライブを武道館で開催。めっちゃきっちり最後へ向けていろいろやってくれる!終わるコンテンツに対してここまでやってくれる。ありがたい……ありがたいんですけど……。

そうか、ファイナルかあ、そう思った次の瞬間、「やらなくていいよ!武道館!」と思ってしまった自分がいました。ファイナル、やらなければファイナルじゃないですからね。

 

それに、なんかこんな、もっとじっくり続いてくコンテンツだと思ってました。勝手にですけど。すぐ終わらせるには勿体無い気がして……。コンテンツの出来と継続って関係ないと思いますけど(だからこそ再評価というものが存在する)、もっとじっくり、こんなパシフィコから急に武道館なんて、急に会場でかくなりすぎですよ!

それに、終わりなんで武道館ですみたいな、そんな!武道館なんて途中経過として見たかったし行きたかった。

株さんが放送で、例えば10年後キャラも俺達も年を取ってみたいな話をしてくれたり、富田くんがいつもみたいに宇宙の話して和ませてくれたり、とても嬉しかったです。

でもとても悲しい、今はとても悲しい……。

 

始まりがあれば終わりは必ずあるし、例えばアプリやコンテンツ継続に大して「もっと課金していれば」とか「アレは終わるけどこっちのコンテンツは◯◯(数字が入ります)だしきっと続く」みたいなのってよく言われることだけど、本当にファンからしたら分からないし、もちろん絶頂で辞める場合もあり、その点においては仕方ないなと分かってはいるのですが、つらい!

私が月にもう1万課金していれば、CDをもう一枚買っていたら、続いたのか?そんなことは分からないので、そこは気にしてないです。

 

そういうのは置いておいても、正直つらくないですか?私はつらいです。

きっと終わって悲しいことばかりでも無いと思います。ド!の仕事がなくなったことでキャストのみんなが他の仕事ができるようになったり、またはゆっくり休めるようになったり、そういうやつです。前向きに考えようと思えばいくらでも考えられます。

私だってド!に使ってたお金は浮くし、ポワポワ夢を見ていないでもっと現実に目を向けられるようになるかもしれない。デスクトップの背景もアミュモバのカッコイイKUROFUNEの画像じゃなくて単色のもっと機能的なやつに変えられるかもしれない(人物の写真の上にデータが乗っているのは見づらい)。ド!のポスターやうちわを部屋に飾らずにおしゃれなインテリアにしたっていいかもしれない。土日だってアイドルの追っかけに使わなくてよくなるかもしれない。

でも、今ものすごく悲しい、とにかく悲しい。せめてもう少し続いて欲しかった。オタク部屋だって土日がイベントで埋まってヘトヘトだったりしたって構わないので続いてほしかったです。ただ、続いても、いつか終わるんですよね。それは分かってるけど、こんなに早いと思わなかった。夢叶えて終わってしまうのだろうか。夢が現実になるってこういうことだとは思っていなかったです。多分だけど、ニチアサみたいに1年とか決まっていたらこんな気持ちにはならなかったんだろうな。

 

そして恐らくこういう形になることが分かった上でライブしたり色々やったりしていたキャストのみんなやスタッフさんの気持ちを考えるとどうにかなっちゃいそうです。私だったら絶対笑えないです。アイドルは凄いなあ。絶対武道館は笑って参加したい。泣いてると思うけど。

 

KUROFUNEのワンマンライブ、黒石くんの「歯磨いたか?」、風間くんが子役やめてからKURUFUNE結成するまでの過去のシナリオ、ローズシャイニーとタータンパレードを着たキャストのみんな、4年目のAGF・3回目の噴水広場、アニメ3期とか見たいものはまだまだあった。さっきまでは「まあいつか見れるだろう」と思っていたけど、終わったら見られなくなってしまう。妄想で補ってもいいですけど、妄想ですからね。そこにそれこそ一区切り付けて、妄想で続けていければそれはそれで楽しいのは知ってますけど、公式が終わるのが早すぎるように感じてしまう。期間で言えばそうでもないのかもしれないけど、詰まっていた分早く感じました。

パシフィコのあとにブログを書いて下書きで残してあったんですが、「ライブ後何も発表なかったな、でも終わっても後悔はない!前向きに行きていこう!」とか書いてありました!嘘ですね。

 

果たしてドリフェス!は終わるのか?ということについて緊急放送が終わってから3時間くらい考えていた。終わりとは何なのか?一般的なコンテンツの終わりとは……ではなく、ドリフェス!の終わりについてです(最初にも書きましたが終わりとは思いたくないので思っていないです)。

「キャストの中に生き続ける」とか「ファンで居続ければ終わらない」「ジャンルとして残れば残る」とか色々あると思うし、全て正しいと思う。たとえば同人活動をしたり、こうしてブログを書いたり、例えば定期的にオフ会をしたりとかで忘れないというのもあると思うけど、私はかっこい衣装を着て歌い踊る3次元のみんな、アプリで歌い踊ったりロケをしたりTwitterでワイワイする2次元のみんながもっと見たかった。

もちろん終わるというか、一区切りという言い方を壮馬くんもしていたし、終わるとも言い切れないかもしれない。でも終わりだと思う。一旦は。逆に継続してても追っていなければ終わっているのと同じだとも言える。自分で認識していないのだから。

 

今こんな感じですが、武道館までにはもっと感謝ができるようになりたいです。私はド!から何を学んだんだ?と一瞬思いましたが、学んだと言うか、好きだったので、好きなものが無くなるのが悲しいという気持ちが強すぎて感謝までまだいけないのがつらいです。

アニメ2期最終回で「明日へ連れてってあげる」と言っていた奏くん。果たして今後も明日へ連れてってくれるのだろうか。まだキャラTwitterの行く末とかわからないけど、ドリフェス!の更新が一切なくなってしまった後も?正直ここは私というかファンの気持ち次第なんだろうな。

慎くんは高所恐怖症克服できるかな?純哉はいつか後輩としてではなく三神さんと共演できるかな?いつきくんは大学へ行けるかな?チヅも急に背が伸びたりするかな?風間くんはずっとプリンスでいるのかな?黒石くんは曲を作り続けるのかな?とか、ずっと考えています。

ド!も、プロレスラーみたいに何度も引退して何度も復帰して何度も再結成したらいいのにな。

 

段々ポエムみたいになってきたしとりあえず日付は変わったけど今日は月曜日だし、明日は火曜日だし、ということを思い出してなんとか寝ようと思います。